アーティスト
 

4年ほど、身近な静物を中心に描き続けた後、生物や風景へと画題を拡張させています。

水彩絵の具の特性を生かした、瑞々しい色彩を出すのにこだわり、障がい者と健常者の垣根のない作品を制作します。

森羅万象なんでも描けるようになるのも目標です。

日本の代表格となる水彩画家の方々からの評価は、「技術という技術を駆使して描く」「技巧派」というものですが、

技術を利用して自分の感性を生かし、枚数をこなすことで深化を目指し、「色彩派」へシフトしつつあります。

特に、静物や風景には目がありませんが、目に見えない目と合ったと感じた時、描くこともあります。

目には見えない目と視線を交わし、心で会話を交わし、描くのもアーティストの役割という認識です。

生物を描く場合は、グッと目に力を入れたり、うるうるさせたりします。

名前
おゆみ
年齢
1970年台
住まい
埼玉県
障がいの種別

うつ病

Instagram ID
受賞歴
2019年1月 第2回株式会社LIXILビバホームエレベーターデザインコンペ 金賞(緑の部門)

     3月 願いのくるまアートコンテストpresented by タウ 埼玉支店賞