作品
 
作品のタイトル

ポポリ、モアイ、ポロのショッピング。

作品のタイトル(ふりがな)
ぽぽり、もあい、ぽろのしゅっぴんぐ
作者
作者(ふりがな)
やまもとまほ
制作時期
2021年5月
作品種別
デジタル作品
使用画材
【ソフト】その他
作品画像サイズ(縦)
作品画像サイズ(横)
作品画像解像度
タグ
明るい,たのしい,かわいい,わくわく
作品の商用利用
 

レモン街に住むうさぎのポポリちゃんは、モアイくんと息子ポロと夕ごはんの買い出しに来ました。ペットのイルカのイルイルもいっしょです。レモン街には、ポポの実という果実がなる木があり、その実がなりだすのが秋でしょうか。今は、その季節です。レモンスーパーでは、こんなやり取りがなされていました。イルイルを抱っこして、ポロは、子ども用のかごも持とうとしてききません。ポポリが「持てないんだったら、持っちゃダメ!」と言っています。「嫌だ。じゃあ、ママ、持ってよ。」とポロ。ポポリは「邪魔になるから、ダメです。」と。ポロ「ママ。きつい!」と反撃。玉子を見てひと家族98円だと思っていたモアイパパが、慌ててやってきて、「その子ども用のかご、僕、持つからさ。二人とも、仲良く、なかよくさ。」といいました。ポポリは、「ごめんなさい。ポロ。」、ポロも「ママ、ごめんね。」といいました。そして、ポロは、続けて「そういえばさ。いつも、パパが休みの日に作ってくれる夕ごはん、今日は何?」と。すると、モアイパパは、「どうしよう。今日は特別なあれにしようかな?」といいます。1ヶ月1回『特別』があって、モアイパパは、中華れーめん、ラーメン、スパゲッティなどのめん系や、魚料理、肉料理も作ってくれますが、とにかく、ポポリより、料理も洗濯物も、そうじ、つまりは家事が上手です。で、その特別は、モアイくん特製『お子さまランチ』のことです。とろとろのオムレツと、りんごジュース、プリンに、からあげをつけて、おもちゃの車もひとつおまけにつけてあげます。そりゃあ、ポロは大喜びです。家事ができることを偉そうにしないところもモアイパパのいいところで、ポロは「そういうところもええ男やわ。」というのでした。そうそう、イルイルは、タイの刺身です。だから、ポロとイルイルは、嬉しくってルンルン。ポポリちゃんは、財布を見て、がくとしましたが、家族の楽しみだしいいかと、納得するのでした。でも、みんなでショッピング楽しいですね。

アーティストプロフィール

山本万穂(1980年代)

大阪府
私は、1981年に生まれました。美術系の高校、短大を、卒業したものの就職氷河期で、仕事につくことが難しく、自分の進路で悩んでいた中、20歳のとき感情障害をわずら…