アーティスト
 

難病と闘いながら、普通に働くことを諦め、掴んだ小説家としての人生も長くは続かず、精神疾患に心まで侵され、いよいよすべてが終わりかけたとき、偶然、絵の世界と出逢いました。
障がい者アートは私に生きる目的をくれ、2017年の夏の終わりから、自由に、がむしゃらに、絵を描き始めました。
自分の中の様々な感情が絵となって、いくつもの出会いをもたらしてくれました。
ようやく自立した私は、2020年現在、A型事業所で働きながら、たくさんの人と出会いに感謝し、絵を描き続けています。

名前
愛徳
年齢
1975/09
住まい
長崎県
障がいの種別

クローン病、うつ病、強迫性障害、パニック障害

Instagram ID
https://www.instagram.com/kabuhikochan
受賞歴